病院薬剤師 派遣

薬剤師 派遣で働くなら登録会社はココ!

薬剤師の派遣で働くなら、登録会社選びが一番大切です!単発や短期の高時給の派遣先を探せても、派遣元の対応が悪ければ、気持ちよく働けません。自分が薬剤師として籍を置く会社ですから、安心・信頼が何より大切!

薬剤師 派遣 Top > 病院薬剤師として働く

病院薬剤師の調剤だけじゃない!病院内でのお仕事

病院イメージ

病院で働く薬剤師の仕事内容は、医師の処方した処方箋を調剤するだけだとお思いではありませんか?

外来でも病棟でも、患者さんの治療の第一歩は、まず内服治療になります。薬にはたくさんの効用がある反面、使い方を間違えるとかえって体調が悪くなったり、命にかかわる重大な副作用を引き起こすことがあります。

薬のスペシャリストである薬剤師の仕事内容は、調剤や病棟業務、医薬品の情報提供など多岐にわたります。外来や入院患者のための調剤では、処方箋による内服薬の調剤の他にも、注射薬の調剤もします。

処方箋どおりに正確に薬を取りそろえ、患者さんに薬の効果や注意点などを、わかりやすく説明します。さらに、患者さんが入院治療している病棟においても、医師、看護師、管理栄養士などの医療スタッフで構成されるチームの一員として働きます。

それぞれの医療スタッフは、医師と対等に意見を交換し、患者さんのニーズに沿った最善の医療を提供することができます。

医師のサポートも重要な仕事!

医師 イメージ例えば医師は、個々の患者さんの診察や治療方針の決定に時間がかかり、なかなか薬の飲み合わせまで気がまわらないことがあります。

また、睡眠薬や整腸剤の量の微妙な調整など、患者さんは忙しい医師になかなか話すことができません。薬が大きすぎて飲めなかったり、粉薬が飲めない場合もあるかもしれません。そんな時に、患者さんの話をじっくり聞き、個々の患者さんのニーズに沿った薬剤師からの提案は、医師にとって大変有難いものです。

また、医薬品の情報のアップデートを医療スタッフや患者さんに提供することも、薬剤師の重要な仕事のひとつです。薬の発売後にたくさんの人に使用されるようになって、新しい副作用が報告されることがあるため、新しい副作用や重大な副作用の情報を常に病院内にアップデートするだけでなく、病院内で起きた副作用を厚生労働省に報告することもあります。

このように、病院薬剤師の仕事内容は、最善の医療を患者さんに提供するために、医療チームになくてはならない大変専門性の高いものとなっています。

薬キャリエムスリー株式会社
薬キャリ

薬剤師の転職支援サービスでお馴染み エムスリーグループの薬キャリの派遣版です。週3日や1~2ヶ月の短期 、時給3,000円の高時給な職場など、希望に合った派遣先が必ず見つかります。当たり前ですが、無理に派遣を勧められることはありません。

薬キャリを見る >>

病院薬剤師として働く