派遣 薬剤師 デメリット

薬剤師 派遣で働くなら登録会社はココ!

薬剤師の派遣で働くなら、登録会社選びが一番大切です!単発や短期の高時給の派遣先を探せても、派遣元の対応が悪ければ、気持ちよく働けません。自分が薬剤師として籍を置く会社ですから、安心・信頼が何より大切!

薬剤師 派遣 Top > 派遣 薬剤師のデメリット

薬剤師の派遣 薬剤師のデメリットは?

ボーナス イメージ

一般的な派遣のイメージ、派遣=非正規雇用=所得が低いというワーキングプア的な構図は、薬剤師に関して言えば全く違うと言えます。一般職だと、都市部でも時給900円~1000円台前半の時給ですが、薬剤師の場合派遣で働くと2,000円台後半~3,000円台も期待できます。コレはパートタイムで働くよりも高い場合が多いです。

ただ、正社員と比較した場合、月給を時給換算すれば派遣の時給の方が高いかもしれませんが、やはりボーナスの占める割合が大きくて、年2回のボーナスを含めると、敵わないのが現状です。派遣 薬剤師にはボーナス(賞与)はありませんからね。

派遣 薬剤師の待遇面でのデメリット

非正規だから正社員から下に見られる場合も、、、

一般的な派遣と薬剤師では、ステータスや時給が違うと言っても、同じ職場で働く正社員にとっては、非正規雇用ですから派遣が一般的になっている今でも、下に見る正社員はいます。ただ、薬剤師同士ですから、正社員と派遣の間に何の違いもないわけで、不当な扱いを受けるような時は、遠慮なく派遣会社の担当者に相談しましょう。派遣の場合、パート・アルバイトなどの非正規雇用と違い、派遣会社のフォローを受けられるのがメリットです。

すけっと薬剤師総合メディプロ株式会社
すけっと薬剤師

総合メディプロは、薬剤師の転職・求人紹介の薬剤師プロも運営している会社で、東証一部上場 総合メディカルグループのグループ会社として、35年も実績のある企業。経験豊富で専門性の高いコーディネーターが、どんな希望にも親身になって対応してくれます。特に、家事・育児と薬剤師の仕事を両立させたい方に評価が高いです。

すけっと薬剤師を見る >>

キャリアとプライベートをよく考えましょう。

派遣契約期間が短いこともありますし、薬剤師としてのキャリアで、派遣は軽視されがちなのも本当です。先々のキャリアアップや、安定的な昇給、長期的な安定を図るなら、派遣は考え物です。ただ、育児や家事と仕事の両立、プライベートの充実など、自分が考えるワークライフバランスに、派遣として薬剤師をすることがベストな選択だと思うなら、積極的に活用してください。薬剤師の派遣は、「正社員になれないから仕方なく・・・」というネガティブな選び方ではなく、自ら積極的な理由で、あえて選ぶ働き方です。

派遣 薬剤師のデメリット