派遣 薬剤師 時給

薬剤師 派遣で働くなら登録会社はココ!

薬剤師の派遣で働くなら、登録会社選びが一番大切です!単発や短期の高時給の派遣先を探せても、派遣元の対応が悪ければ、気持ちよく働けません。自分が薬剤師として籍を置く会社ですから、安心・信頼が何より大切!

薬剤師 派遣 Top > 派遣 薬剤師の時給が高い理由

薬剤師 派遣の時給が高い理由

時給 イメージ

薬剤師の働き方には、正社員、パート・アルバイト、派遣と3つの働き方があります。正社員は時給ではありませんが、月給を時給換算した場合、パート・アルバイトの時給、派遣の時給を比較した場合、条件にもよりますが、明らかに派遣の時給が高いです。3,000円、3,500円、中には4,000円という時給の派遣 求人も存在します。

なぜ派遣だけがそんなに優遇されるんだ?と思われるかもしれませんが、視点を変えて見て下さい、、、。

正社員・パートのように、職場に雇用されていないという身分、契約期間が限られているという状況を見ると、正社員・パートでもそれなりな収入になる薬剤師という仕事で、敢えて派遣を選ぶ理由がありません。要は時給が高くないと、派遣 薬剤師は集まらない訳です。

雇う側の視点で考えて、なぜそんなに高い時給で働いてもらう必要があるのか?という話です。雇う側も、正社員・パートで全ての時間を回したいと思うのは当然ですが、正社員・パートは土日休みのニーズが高いし、どうしても埋まらない穴が空いてしまいます。

薬剤師の場合、業務上人数が足らないと薬を出せないという状況になり、一人がオーバーワークすればどうにかなるという次元ではありません。時給が高くても穴を埋めてくれる薬剤師が喉から手が出る程必要なんです。だから、派遣の時給がとても高いんです。

薬剤師の仕事は、調剤薬局、ドラッグストアの場合、業務の難易度に差が付きにくいので、時給が高いからと言って、極端に難しい業務を任されるという事も無く、どうしてもシフトの穴を埋めてくれる薬剤師が欲しいというニーズが、時給として反映されているのです。

薬キャリエムスリーキャリア株式会社
薬キャリ

薬剤師の転職支援サービスでお馴染み エムスリーグループの薬キャリの派遣版です。週3日や1~2ヶ月の短期 、時給3,000円の高時給な職場など、希望に合った派遣先が必ず見つかります。当たり前ですが、無理に派遣を勧められることはありません。他の派遣会社に登録していても、現在就業中でも構いません。気軽に登録して派遣先情報をチェックするのもアリです。

薬キャリを見る >>

意外と少なくない【煩わしい人間関係に悩まされたくない】という理由

特に小規模な調剤薬局では、人間関係のトラブルで苦労した方が少なくありません。

薬剤師も事務員も全員女性という場合、全員が仲良くなれれば良いですが、言葉は悪いですが女性特有の人間関係というか、嫌らしい人間関係が出来てしまう事も少なくありません。薬剤師の場合、勤続年数の長い事務の女性と、実務経験が多くない薬剤師とか、年齢・資格・勤続年数・仕事内容など、様々な要因が入り混じった人間関係なので、一度こじれたものは、悪化はしてもなかなか解決しません。

薬剤師同士でもスキルや経験、仕事に対する考え方の違いなどから摩擦が生じることも多々あります。何度も、そういう人間関係のトラブルに悩んできたから、派遣という働き方を選ぶのも現在少なくありません。

派遣の場合一定期間が過ぎれば自動的にその職場からは離れますし、その期間も自由に選ぶことができます。多少嫌な現場でも「あと●●日で終わる」と思えば気も楽です。人によっては、毎日のように違う勤務先へ向かうという方もいます。一つの職場で人間関係を上手く構築しながら長く働くのももちろん良いですが、自分の資格とスキルだけを手に、いろんな職場で働きながら自分を磨くというのも、薬剤師だから出来る働き方だと思います。

派遣 薬剤師の時給が高い理由